時の継承者-1

時の継承者 ファンタシースター3 - 1


※ 王様に叱咤される主人公

※ 泣き言を言うアンドロイド

セガサターンで「時の継承者 ファンタシースター3」をプレイ。元々はメガドライブ用のゲームですが、さすがにメガドライブはハードウェアとして古すぎるので、セガサターン用のファンタシースター コレクションになります。あとパッケージにはローマ数字の「III」が使われていますが、文字列で見ると「I」「I」「I」になるので「3」と表記します。

Xbox360 の Phantasy Star III: Generations of Doom をプレイしていたら、長女が気に入ったらしいので、日本語でプレイすることにしまた。それにミューに I have been waiting for 1,000 years for you. と言われると違うゲームをプレイしている気になりますし。

簡単に説明するとセガの看板 RPG ファンタシースターシリーズの3作目(メガドライブでは2作目)になりますが、開発スタッフが異なるため雰囲気が別物になっています。それに開発期間の短さによるゲームバランスが未調整レベル、敵モンスターグラフィックの統一感のなさ。さらに容量の少なさによる寡黙な主人公達に、戦闘シーンの簡略化(2作目の売りが戦闘シーンのアニメーション)。

幸いなことに私は1作目(マスターシステム)を未プレイのため、ファンタシースターシリーズに執着はありません。それよりもリアルなグラフィックに、中世のような世界から宇宙時代に繋がる3世代に渡る冒険。そして何よりも世代交代時に結婚相手を選択するイベント。ゲームとして新しいことにチャレンジしている姿勢に私のハートは鷲づかみです。

あと主人公達が寡黙なので、各キャラクターの個性を自分で想像できる余地があるのが、私には合っていたのだと思います。さあテクテク歩きますよ、テクテクと(移動速度が遅いと一部で不評)。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://aihima.blog96.fc2.com/tb.php/989-956b09b6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter