PS3-2

Phantasy Star 3: Generations of Doom / 時の継承者 ファンタシースター3


※ 町をでると背が高くなる主人公達

※ どの町に行っても店員の顔が同じ

Phantasy Star III: Generations of Doom をプレイ。

ギターでファンタシースター3のテーマ曲を鳴らしていたら、ゲーム画面を見たくなったのでプレイ。そして長女に「お嫁さんが誘拐されて、キーッとなった王子が、王様に怒られて、牢屋に閉じ込められるゲーム」と説明したら、なんか気に入ったようで続きを見たいとのこと。ストーリーの続きが気になるよりは単に人形遊びの延長なのかもしれません。

とりあえず Mieu(ミュー) だけでも回収しておこうかと思ったら、気がついたら Wren(シーレン)まで回収していました。ゲームの手順はほぼ覚えているのでスピードラン状態でしたが、Wren の回収前にはハサタカ(町)の周りでレベル上げを行いました。

ところで長女に「町から出るとどうして背が高くなるの?」とか「どうして違う町に来たのに店員の顔が同じなの?」とか聞かれて困りました。まあ Xbox360 用のシームレスなゲームしか見ていないから、当時のゲームのお約束なんかわからないですよね。

そうそう、このゲーム、主人公は両手剣、片手剣を両手に持つ、ニードル(範囲武器)を両手に持つとか色々できるのですが、初めてプレイした時は攻撃ターンでの攻撃回数が多いため片手剣やニードルの両手持ちにしてました。しかし HP の多い敵には苦労していて、最終的にイベント用武器の両手剣を持たされて、その攻撃力の高さに愕然。

と言うことで、それ以降は両手持ちの剣しか使っていません。今回も両手持ちの剣なのでレベル上げの回数が少なくて済んでいます。

あと主人公の Rhys(ケイン・サ・リーク)が、記憶喪失の女性に魅了されて、隣国との許嫁がいたのに、それを破棄して結婚しようとしたのが、このゲームの発端です。そしてそれが、1000年に一度蘇るラスボス復活の原因になるのですが、その記憶喪失を演出したのがラスボス(どうやったかは知りません)でした。

長い間、主人公が単細胞だから大変なことになったと思っていました。しかし、公式には発表されていませんが、元々は国民思いの良い王子だっという設定があり、それで私の中の彼は救われました。人生はままなりません。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://aihima.blog96.fc2.com/tb.php/981-50223f82

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter