自作ハンドル台-2

自作ハンドル台-2


※ 自作ハンドル台に少し手を加えました

自作ハンドル台に少し手を加えました。新たに木材が必要になったので SPF材 1x3 3フィート を購入。カット料金と合せて335円です。

切れ込みを入れることによってハンドルの位置を前後に調整できるようになりました。そして幕板を追加することで強度不足を解消。囲みの幕板はペダルを傾けてフラットアウト(アクセル全開)をしやすくするためのものです。


※ 今回使った道具です。CD は作業中の BGM 用です。ハンドル台なのでレースゲームのものを選択しました。

今回は板の加工が必要なので少し本気出すモードです。追記に作業中の写真をのせておきます。要はゲーム以外のこともできますよアピールです。

スコヤを使って計測してサシガネを使って墨線をひきます。奥行きは80mmにしました。

今回は窓抜きの要領で切れ込みを入れるので、角に10mmのドリルで穴を開けます。念のためガイドを使っていますが、切り落とす部分なので神経質になることもありません。 と言うか2つ開けたうちの1つは少し位置がずれていました。

ジグソーを使って板を切っていきます。窓抜き作業なので縦も横もジグソーを使っていますが、一般的に縦方向に切る時は縦挽きのこぎりを使います。 しかし個人で縦に切ることは滅多にないので私は縦挽きのこぎりは持っていません。

板が切れました。

切断面をヤスリで整えます。

綺麗に収まりました。ある程度は前後に動かすことができます。素晴らしい。

新たに購入した SPF材 1x3 3フィートです。サイズを測ってから買いに行ったので、ホームセンターでカットしてもらいました。

コーナークランプで木材を固定して、2mmのドリルで下穴を開けます。私が主に使っているネジは 3.3x35 のスリムネジで、板が割れにくいのですが、たまに割れるので、下穴を開けておきます。

ビットをドライバーに変更して電動ドライバーでネジをしめていきます。下穴を開けてあるので特に問題はありません。

最後はドライバーでしめ増ししていきます。木材は場所によって固さが違うので、電動ドライバーだとネジの頭が出ていたり、逆にめり込んだりするので注意が必要です。これを幕板2枚分、全部で8ヶ所ネジをしめて完了です。ちなみにペダル囲い用の枠はすぐに外せるので外して作業しました。

組み立てて完成です。この写真だとハンドルの取り付けが少し曲がってますね。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://aihima.blog96.fc2.com/tb.php/916-1fc5d36d

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter