MonkeyIsland2

Monkey Island 2:Special Edition


※ いよいよ大詰め。海賊見習いの Guybrush Threepwood VS 幽霊海賊 LeChuck

Monkey Island 2:Special Edition をちまちまとプレイ。2010年7月7日に XBLA で配信されたゲームですが、元々は1991年に発売された「Monkey Island 2: LeChuck's Revenge」になります。ゲームの種類はアドベンチャーになると思いますが、詰まった時はプログラムの不具合じゃないかと思うぐらい難しいです。ただしゲームオーバーはないのでじっくり遊ぶことが可能です。

さらに元々は1990年に発売された「The Secret of Monkey Island」の2作目になります。もちろん1作目も XBLA で配信されていますが海外アカウントのみ。なぜか2作目は日本アカウントでも配信されました。ただし翻訳はありません。

今回プレイしたのは解除していない実績が残っていたから。メインは3時間以内にクリアする「Speed Demon」、あとヘルプを使わないでクリアする「Monkey Master」「Turning the Lights Out」。ヘルプは元々誤操作で使ってしまったので問題ないのですが、3時間以内にクリアはちょっと自信がなくて今まで放置していました。

そして今回はネット上の攻略サイトの英語記事を、英語と機械翻訳したものを印刷して準備万端。しかしやっぱり難しく、結局クリアに5時間近くかかってしまいました。攻略記事を持っていても英文で読んでも機械翻訳された日本語で読んでもよく分からない箇所が何カ所もあるのです。しかもクリアしたのが1991年と2010年に1回ずつなので、操作ミスなのか作業漏れなのかの区別がつかなくて時間がかかってしまいました。あと乱数の要素が多いのと、会話の選択肢が多い時に悩んでしまうとか。

気を取り直してもう一度トライ。クリア直後ならすることを覚えていますから3時間以内でクリアできるはずです。できました。クリア時間は1時間40分前後。まあ XBLA 版はスキップ機能が追加されたのでそれが前提だと思います。まあスキップしなくてもギリギリクリアできそうな気はしますが、精神衛生上イベントはスキップで。一部の会話もスキップできるのですが不具合があるみたいで選択した会話が正しく展開していない時がありました。

私がアドベンチャーゲームを好きだった頃のアドベンチャーゲームです。試行錯誤するのが楽しく、特に Monkey Island の謎解きはレネゲイトすぎて思いも付かないものばかりですが、個々の問題をクリアした時の達成感は「酷すぎる」ばかりです。難易度的には1作目より2作目の方が難しく感じました。またオチがシリーズを通しての夢オチになっているのですが、3作目以降もリリースされています。私は機会がなかったので未プレイですが、シナリオがどう繋がっているのかは不明です。

もし3作目以降も XBLA でリリースされるなら即買い候補です。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://aihima.blog96.fc2.com/tb.php/346-3bef2a20

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter