fc2ブログ

Outward:DE 聖なる使命-6/疑いと秘密-1

Outward: Definitive Edition 聖なる使命 - 6 / 疑いと秘密-1

Outward: Definitive Edition をキノコ(仮称)さんとプレイ。

「ベンダブル」をクリアしたので「モンスーン」に帰るのですが、まっすぐ帰らずに「ベルグ」を経由して帰りました。

理由は2つあって「浄化」をクリアするためにベルグの誰かに報告しなければならないこと。

そして「エンメルカルの森」から「神聖な沼地」に移動して「ジグラットの通路」の仕掛けをクリアすること。この仕掛けをクリアしていないと、神聖な沼地からエンメルカルの森へ直接行けないためです。

さて無事にモンスーンに戻ってきたので、クエスト「疑いと秘密」をプレイします。俗に言う「青の間」の会議です。

「聖なる使命」の場合、青の間の襲撃後から始まります。

「オリエレ」に頼まれて「ゼファリアン」を探しに行きます。あとベルグを離れる前に「宿屋」に寄ってクエスト「白昼の血」をアクティブにします。

ゼファリアンは地図で表示されない「森の巣」の中にいます。

中には「巣の長」がいて、「ハイブ感染」と言う病気になる可能性があるので注意が必要です。

ちなみにハイブ感染自体はキャラクターが毒状態になることで回復が始まります。また毒状態は「解毒剤」でクリアできます。

ゼファリアンと会話したら、モンスーンに戻ります。

しかし今回はここから白昼の血をクリアすることにします。とりあえず「焦げた前哨基地」に向かいます。

よくよく考えてみれば、次のメインクエスト「真実と目的」で「アブラサ」に行かなければならないので、その時にクリアしても良かったかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxSeriesS/X,XboxOne,
Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

カテゴリ

月別アーカイブ