fc2ブログ

ForTheKing-1/王のために

For The King - 1 / 王のために

For The King をプレイ。発売された時から気になっていたのですが、XCOM2 が一段落したのとセールで70%オフになっていたので購入しました。

見た目だけで気になっていたので、ゲームの詳細は知りません。マップがヘックス表示で3人パーティのロールプレイングゲームのような予感。

まあセールで購入したので、もし合わなくてもダメージは少なめ。

とりあえず3人選ぶようです。ジョブ(クラス)は鍛冶師、狩人、学者、吟遊詩人から選べます。ゲームを進めると新たなジョブも使えるようになるそうです。

ゲームを開始したら鍛冶師、狩人、学者が表示されていたので、それにします。見た目はカスタマイズでき、今回は鍛冶師の性別を女性から男性に変更しました。

ちなみに吟遊詩人は、過去にプレイした他のゲームでも使ったことがないので立ち回りがよくわかりません。

王様が殺されて大変なので市民にがんばってもらおうってことらしいです。ああ、それでクラスじゃなくてジョブなんですね。

さて実際にプレイしてみると、3人パーティではありませんでした。1人ずつ独立して操作します。所持品もそれぞれのキャラクターが持っているので、アイテムを使ったり渡したい時は同じマスにいる必要があります。隣のマスで可能かは試していません。

そして戦闘が始まると、近くにいる味方と合流して戦います。ちなみに敵も近くにいる敵が合流してきます。斬新。

戦闘は速度か何かを基準に順番が決まるようです。今回のキャラクターだと狩人、学者、鍛冶師の順番になりますが、敵が弱いと鍛冶師まで順番がまわってこない時がありました。

そして鍛冶師ですが「ちょっかい(Taunt)」を使って、敵の攻撃を引きつけられます。MMORPG ならよくあるスキルですね。ただしジョブのスキルじゃなくて、装備付属のスキルだったので、適当に装備を替えると使えなくなるので注意が必要です。

今のところはネット上でちらった見たほどの難しさは感じなかったので、なんとか続けられそうです。

関連記事
スポンサーサイト



Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxSeriesS/X,XboxOne,
Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

カテゴリ

月別アーカイブ