ME3-29/インセイン-9

Mass Effect 3 - 29 / インセイン - 9


※ 惑星ラノックに平和が訪れました

Mass Effect 3 をプレイ。クォリアンとゲスの300年戦争(実際には300年前の戦争)にケリをつけました。1回目にプレイした時はひどいことになったのでドキドキしながらプレイしていたのですが、無事に戦争が集結して良かった。そして気がついた I understood.

ラノック:コリス提督

ラノック:コリス提督をクリア。サイドミッションなので特に問題はありません。あ、敵のタレットの攻撃だけは即死クラスなので注意ぐらいです。今回もゲス戦なのでタリがいると有利かも。

重要:ラノック

重要:ラノックをクリア。1回目にプレイした時は ME2 でリージョンが死亡していたので代理でホログラムリージョンが登場。思わず額に「H」マークがついていないか探してしまいましたが、さすがに「H」マークはついていませんでした。そしてクォリアンとゲスの和平に失敗してクォリアンが滅亡、タリが……。おまけにリージョンHまで停止で口から魂が出かけましたよ。

しかし今回は ME2 でリージョン生還していたので、リージョンと再会。良かった。まあリージョンが停止してしまうことは変わりないのですが。そして300年を経て訪れる和平の時。1回目の時に見られなかったムービーを見ていると、もう Mass Effect シリーズが完結したかのような雰囲気に。

I understood. 理解しました。オチが飛ばしすぎていたのではないことを、今、理解しました。私の前提が間違えていたのです。Mass Effect とは「強大な力で攻めてくる機械生命体を有機生命体が努力、協力して追い返す」話しではなく「機械に心はあると思いますか? あると思うならあなたはそれを認めますか?」って話しだったんです。どうりで ME3 になって EDI がボディを手に入れたり、ジョーカーがそのボディに入れ込んだり、ケイダンは火星で頭をぶつけてゲイダンになったりと、飛ばした展開が増えたと思いました。

そして私もあの飛ばしたオチから救われました。1回目にデータ継続失敗して良かったかもしれません。オチを知っているからこの和平がより感慨深いものになりました。そう言えば最初から AI のネタふりがあったし、ネタバレですが EDI が元々は連合施設で反乱した VI だったわけで、Mass Effect シリーズは3作通してプレイして初めて完結する物語だと。ゲームとしてプレイするなら ME2 ぐらいからでも可ですけど。

いやぁ本当に騙されていました。メインのテーマを隠しすぎですよ。そりゃリーパー追い払うオチを期待していたら、そんなことは些細な事ですみたいなオチを見させられたら、普通は怒りますよね。

ミッションとしては最後手前のゲスプライム3体戦がちょっと手間取りました。サボタージュを駆使してなんとかなりましたが、マップの端っこにヘビーウェポンが3つぐらいは落ちているので、それを見つけられたら展開は楽になると思います。それと最後の最後のリーパーの照準合わせですが、トリガー引きっぱなしだと照準合わないので、その場合は一度トリガー離して弾き直せば可です。私は1回目のプレイの時にそれで何回かやり直しました。

  • ラノック:コリス提督クリア
  • 重要:ラノッククリア
  • レベル 54 to 55
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://aihima.blog96.fc2.com/tb.php/298-ccbb03bf

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter