DayOne Controller

Day One コントローラー


※ 基板が2枚重ねでさらにボタン用のプレートがあります

Xbox One の Day One コントローラー、RB の入力が出来なくなったので修理にトライ。実際には断念したのですが、次の機会があった時のメモです。

Xbox One のコントローラーを分解するにはトルクスドライバー T8が必要で、中身の基板を分解するにはトルクスドライバー T6が必要です。

Xbox One のコントローラーを分解するには、電池ボックスの中央に1本、左右のグリップ部分を外して中に2本ずつ、計5本のT8ネジを外します。左右のグリップはグリップの内側に4か所ツメではめてあるので、薄いマイナスドライバーなどでこじあけます。無理するとツメが折れる可能性があるので優しく作業します。

これで外側のシェルと中身の基板を分解することができました。基板は2重構造になっていてXbox360のコントローラーと比べるとメカメカしさがアップしています。

この基板はT6ネジで固定してあるので、これを分解するためにはトルクスドライバー T6が必要になります。しかしインパルストリガー用の結線があり、ネジを外しただけでは基板を分解することはできませんでした。

本来はRB用のスイッチを交換したかったのですが、スイッチの交換だけなら基板を分解しなくてもできそうでした。ただしここで問題が発生。小さいチップ抵抗のような部品が外れています。これは困った。


※ 外れたのか最初から紛れていただけなのかは不明

この部品がどこから外れたかわからないし、仮に場所がわかっても小さすぎて半田付けできる気もしません。

と言うことで今回は修理しないことにてました。ただし中身がメカメカしいので、そのまま飾ることにします。とりあえず端材でスタンドを作ったのですが良い感じだったので、時間がある時に見栄えの良い素材で作り直します。スタンドを。

そうそう、交換用のスイッチは amazon.co.jp のマーケットプレイスで中国のショップから購入しました。amazon が便利すぎてビックリです。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter