サクラ大戦-3

サクラ大戦 - 3


※ クリア後もミニゲーム集で遊べます

サクラ大戦をセガサターンでプレイ。そしてクリアしましたが、唐突に「私、天使だったから。あとサクリファイスはなかっとことで」な展開に、やっぱり右から左状態です。あとキリスト教をネタにするなら、舞台はヨーロッパでどうぞって感じです。

さて、サクラ大戦をクリアすると「帝劇の長い一日」と言うモードがプレイできるようになります。ここは本編に登場したミニゲームと、収集要素のブロマイドの鑑賞、BGM の視聴、見たことのあるムービーの視聴ができます。

ここの穴埋めをするには6人分のエンディングを見る必要があり、気になる人はリプレイしたくなる罠。ただし第8話のセーブデータから3人ずつはクリアできるので、通しで2回、第8話以降を6回プレイすれば OK です。

このモードの問題点は案内してくれるキャラクターが最後にクリアしたキャラクターなことです。つまり、普通に考えれば最終的に案内してくれるキャラクターは私にとっての6番人気なんです。まあクリア直前のデータを残しておいて、最後にそれでプレイすれば良い気もしますね。


※ そしてサクラ大戦2

そしてサクラ大戦2をプレイ。クリアデータがあればサクラ大戦2の冒頭部分に反映されるようです。それにシステムは改良されていて、音声再生中のスキップに対応、パラゴン、レネゲイドよろしく硬派軟派メータが追加されています。

ただし既にちょっと別人のような作画が増えているのが残念。しかも第1話から面倒くさいキャラクターが登場するのが難点。しかも色々とパチモノ臭がします。


※ 宝石をキャラクターに変更できます

そして花組対戦コラムスにもクリアデータが反映されて、宝石のデザインをクリアしたキャラクターに変更することができます。

このゲーム、1人でプレイしている時に右側にキャラクターの絵が表示されるのですが、ゲームが忙しくて落ち着いて見た覚えがありません。見えている範囲ではサクラ、スミレあたりは許容範囲ですが、他のキャラクターだとちょっと別人っぽい感じもチラホラ。

関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter