FC2ブログ

WRC5-21/WRC フィンランド

WRC5 FIA World Rally Championship - 21 / WRC フィンランド


※ もうすぐきつい右コーナー

WRC5 をプレイ。

WRC 8戦目のフィンランド、なかなか成績が安定しません。全体的に道幅が広いため、思っているよりはスピードが出ていてブレーキが間に合わない感じです。あと Quick Rally でも雨や夜のステージがあるので難易度が高くなっています。

試しに Quick Stage で昼の晴れにして走ってみると特に問題はありませんでした。

きりがないので8位以内を目指して Career で走ります。今回は普段にも増して雨のステージがあって涙目。しかし走り込んだ成果が出て、まさかの4位で終了。よくがんばった私。

スクリーンショットは夜のステージです。走り込んだからなんとかなりましたが、初見だとまともに走れません。と言うか自分でペースノート作らないとまともに走れませんよ。

DI3-41/The Force Awakens-3

Disney Infinity 3.0 Edition - 41 / The Force Awakens - 3


※ Kylo Ren へのダメージは Barrel(樽)の爆風のみ

Disney Infinity 3.0 Edition の The Force Awakens(フォースの覚醒)をプレイ、そしてクリア。

第3の惑星に到着。かなりネタバレ要素が多いのでゲームは室内から始まります。

ここで Kylo Ren 戦になるのですが、Kylo Ren には通常攻撃でダメージを与えることができません。なぜか爆発する樽を投げてくるので、逆にその樽を爆発させてダメージを与えます。落ちている樽を投げつけるとか、樽を撃って爆発させるとかですね。


※ 今こそ覚醒の時

最後はムービーなので、ここまできたらクリアです。映画のネタバレを避けながら上手にまとめてありました。ただしボリュームは少なめ。まあフィギュア2体付きなので、そう考えると高くはないかと思います。逆に言うとRise Against the Empire(帝国への反撃)プレイセットが大サービスって感じです。

映画のディスクが発売されるまでは、このゲームを繰り返しプレイするのがフォースの覚醒を自宅で楽しむ手段になりました。

DI3-40/The Force Awakens-2

Disney Infinity 3.0 Edition - 40 / The Force Awakens - 2


※ 惑星 Takodana に到着

Disney Infinity 3.0 Edition の The Force Awakens(フォースの覚醒)をプレイ。

第2の惑星 Takodana に到着。砂漠の惑星 Jakku と違って緑あふれる見た目は素敵な星です。

映画ではターニングポイントになる Takodana なので、ここは少しアレンジしてあります。ネタバレを回避しつつストーリーの流れは映画に沿っていて、よく出来ていますが映画を見ていないとわかりづらい場面もあります。

ちなみにここの Mission を進めると Finn がライトセーバーを使えるようになります。


※ 全方向シューティングのゲーム内ゲーム

今回は Hologames と言うゲーム内ゲームが実装されています。上から見下ろした視点の全方向シューティングで、初めて見た時はアステロイドかと思いました。ただし飛んでくるのは岩石じゃなくて敵機です。

ついつい端末を見つけると遊んでしまうのですが、Jukku のどこかにある隠し要素がまだ見つかりません。もしかしたら Jukku 衛星のどこかにあるのかもしれませが、衛星上のチャレンジ類は好きなタイプじゃないのであまり遊んでいないのが原因かも。

DI3-39/The Force Awakens

Disney Infinity 3.0 Edition - 39 / The Force Awakens(フォースの覚醒)


※ 映画の公開と同時に遊べるなんて素晴らしい

Disney Infinity 3.0 Edition の The Force Awakens(フォースの覚醒)を購入、そしてプレイ。

今回は映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を見てからゲームをプレイしているので、今までのプレイセットと比べると楽しさ倍って感じです。ストーリーも敵から逃れて砂漠の惑星で始まるので ep4 のオマージュになっています。

しかしゲームとしては若干問題がありました。Rey も Finn もフォース使いじゃないので Anakin や Luke と比べると弱いのは否めません。

主人公の Rey は廃品回収が仕事だし、持ち歩いている武器も単なる棒です。Finn は元トルーパーなのでブラスターを撃つのは強いのですが、通常攻撃がパンチ。ちなみにあるイベント以降には Finn がライトセーバーを使えるようになりますが、パンチのコンボ後に一振り入るだけでした。


※ 良い感じにストーリーがアレンジしてあります

今回は映画を見てストーリーの内容を知っているので、各惑星でできるだけミッションをクリアしてから進める予定です。その方がキャラクターもレベルアップするので後半の戦闘が楽になる作戦です。

SWBF-8/ビークル

Star Wars Battlefront - 8 / ビークル


※ めずらしく AT-ST に乗ってみました

Star Wars バトルフロントをプレイ。

ウォーカー・アサルトをプレイしたいなぁと思いつつマッチングが成立するのがターニング・ポイントです。

今回はゲームが始まったと思ったら「敗北」してました。まあそれはタイミングの問題なので気にならないのですが、成績表を見るとスコアの差が激しくて「嫌な予感がする」状態。

そして反乱同盟軍でゲームが始まると、最初のコントロールポイントが制圧できずに敗北。笑ってしまうぐらい弱いチームですが、たぶんルールを理解していないプレイヤーが多いのだと思います。

気を取り直して帝国軍でゲーム開始。スゴイ勢いでコントロールポイントを制圧されます。制圧が始まったと思って援軍に駆けつけたら、もう終わっているぐらいです。これは制圧されるタイムの記録更新ですね。

これは負けるかなと思いながらも、最後のコントロールポイントは1ヶ所なので簡単には制圧させません。そしてまさかの逆転勝利。諦めないで良かった。

さてターニング・ポイントですが、途中からビークルが登場します。このビークル、反乱同盟軍は T-47エアスピーダーが2機で、帝国軍は AT-STウォーカーが1機です。このビークルの使い方を知っているプレイヤーがいるとゲームの展開が変わってきます。とくに反乱同盟軍のエアスピーダーが非常に煩わしいのです。しかし私が乗ると役立たずなので、改善の余地ありです。

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter

カテゴリ