TW3-19/芝居のしどころ

The Witcher 3: Wild Hunt - 19 / 芝居のしどころ


※ カーテンコールで、お辞儀をするゲラルト

メインクエスト「芝居のしどころ」をクリア。

劇中劇でウィッチャーの役を演じるはめになったゲラルト。よくまあ次から次へとネタを繰り出してくるなぁと感心します。残念だったのは「コメディ」だったのにプレイヤーにはそれが伝わってこないこと。まあ脚本自体は「ドラマチック」と共通だから仕方がないですね。

ところで「獣のオイル」のレシピを買いそびれたため、上位のオイルが作れなくて困っています。序盤で見かけたのですが、予算がきびしかったので買わずにいたら、どこで売っていたかわからくなりました。

と言うことで設計図やレシピは使う予定がなくても買っておく方が後々困らないと思います。

スポンサーサイト

MassiveChalice-1

Massive Chalice - 1


※ 切望していたリアルタイムじゃないシミュレーションゲーム

Massive Chalice と言う配信ゲームをプレイ。

Xbox One になってから、予告なく配信されるゲームが増えました。嬉しいのですが、時間がかかるゲームを好むため、プレイするゲームの予定を立てにくいのと、日本語が含まれていないことが多くて少し残念です。

そしてこのゲームも日本語は含まれていませんでした。しかし戦闘シミュレーションならなんとかなるかなと始めて見たら、城を建てたり子供を育てたりと、ある意味経営シミュレーションゲームでした。

簡単に説明すると謎の敵が何年かおきに攻めてくるので、300年間この土地を守り抜くゲームです。

と言うことで子育てをしっかりしておかないと、登場人物が老衰で死んでしまって人手不足におちいります。しかも城主や開発員の役割を与えると、もう戦闘には参加できません。

とりあえず50年間ほどがんばってみましたが、人手不足で先が見えないので、2回目を始めたところです。今後は隙間プレイ予定です。

TW3-18/またとない機会

The Witcher 3: Wild Hunt - 18 / またとない機会


※ 中年なのにもてるのか中年だからもてるのか

メインクエスト「君に届け」をクリアして「芝居のしどころ」を進行中。

ホアソン・ジュニアと言う悪党を追い詰めた時の、ゲラルトの振る舞いが見物。ウィッチャーは感情を剥奪されると言っていますが、激しい感情表現がないだけで、立派に感情を持ち合わせていると思います。

そもそも感情がなければ恋愛自体が成り立たないし、全く感情がなければプレイヤーがゲラルトに感情移入できませんし。

スクリーンショットはサイドクエストの「またとない機会」から。優しいことと恋愛はイコールではないのが、人生のままならないことでしょう。

TW3-17/床屋

The Witcher 3: Wild Hunt - 17 / 床屋


※ まずはヒゲをそってスッキリ。しかしゲラルトのオーダーからは仕上がりの予想がつきません

メインクエスト「君に届け」の流れで「ジュニアを探せ」を進行中。

その途中で夢に見た床屋を発見。早速ヒゲを剃ってもらいました。スッキリ。ついでに髪の毛も整えますか。って「短髪でゆったり」とを選んだら、ユルフワな髪型で似合わなすぎ。お金を払えば何度でも変更できるので助かりましたけど。

今回はプログラムのアップデート処理があり、プレイ時間が短かったのでここまでです。

TW3-16/ルーヴェン伯爵の宝

The Witcher 3: Wild Hunt - 16 / ルーヴェン伯爵の宝


※ まだポイントを設定していないことに今気がつきました

The Witcher 3: Wild Hunt をプレイ。

メインクエスト「君に届け」の流れで「ルーヴェン伯爵の宝」を進行中。途中で対人戦があったものの、謎解きメインでレベル14になりました。クエストの経験値が途切れないためだと思いますが、低レベルの時よりレベルアップが早くて違和感があります。

その対人戦ですが、本来は最初にこの場所のボスと会話する作戦だったのに、気がついたら最初から戦闘していました。自分のクレバーさのなさにガッカリです。

あと鎧は拾ったモノを取っ替えひっかえしています。軽装、中装、重装と種類がありそれぞれ小攻撃向き、印向き、大攻撃向きのようです。なのでもう少ししたら装備にも気を付けようと思います。

そして理髪店はまだ見つかりません。

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter