HaloTMCC-28/グレイヴマインド

Halo: The Master Chief Collection - 28 / Halo2 グレイヴマインド


※ コルタナ!?

Halo: The Master Chief Collection, Halo2 を難易度アドバンスでプレイ。

12面目のグレイヴマインドをクリアできず。あと一踏ん張りすればクリアできるとは思います。ターミナルのチェックと人形の回収は問題なくできたのが救いでした。

Halo2 は他のシリーズと比べると敵の攻撃が激しくて、敵の体力が多い気がします。あと新グラフィックだと情報量が多すぎて見えにくい時があるので、そういう時は一時的に旧グラフィックにしてプレイしています。

できるだけ戦闘を避けているのですが、それをすると敵に前後を挟まれてしまい、詰んだかも思った時が何回かありました。しかもその状態でチェックポイントが入るから、前にも後ろにも進めなくて立ち往生。アービターならカモフラージュが使えるのですが、マスターチーフだからひたすらがんばるしかありませんでした。

今回は久々に投げ出しそうになりましたよ。

スポンサーサイト

HaloTMCC-27/隔離ゾーン

Halo: The Master Chief Collection - 27 / Halo2 隔離ゾーン


※ 3回目でやっと見つけました

Halo: The Master Chief Collection, Halo2 を難易度アドバンスでプレイ。

11面目の隔離ゾーンまでクリア。と言うかこの面の人形を発見できなくて3回プレイしました。2回目以降は難易度ビギナーですが。

この面の人形はクリア直前の場所にあるため、人形のある場所を探していると間違ってクリアしてしまうのです。しかも2回。原因は私の英語の聞き取り能力が低いため。

動画では床が動いていたので、何かのスイッチで床が動くのかと思い込んでそれらを探していたのですが、実は直前まで乗っていたリフトがそれでした。リフトが到着したら右のスロープからグレネードジャンプします。

幸いなのは移動がメインの面構成だったため繰り返しがプレイが少しだけましだったことです。

ごきげんようプリンセス

Kinect:ディズニーランド・アドベンチャーズ



※ 並ぶのが1時間なら短い方なのが夢の世界

Kinect:ディズニーランド・アドベンチャーズをプレイ。

キャラクターにいつでも会えて、すぐにサインをしてもらえるだけで、このゲームの存在価値はあるのだと思うようになりました。

次点は並ばなくてもアトラクションに入場できること。

肝心のアトラクション部分が少し微妙ですが、そういうゲームではないのでしょう。

HaloTMCC-26/人形を忘れて

Halo: The Master Chief Collection - 26 / Halo2 人形を忘れて


※ 布の質感がリアルすぎてビックリ

Halo: The Master Chief Collection, Halo2 を難易度アドバンスでプレイ。

前回、ちょっと難しいぐらいと書きましたが、かなり難しいに訂正します。デルタヘイローなんか、戦闘に夢中になっていて、人形はおろかターミナルのチェックまで忘れていましたから。

結局この時は、アドバンスで半分クリア後に、ビギナーでやり直してターミナルと人形のチェック、改めてアドバンスでクリアと非効率的な展開になりました。

それにしても人形の置いてある場所までたどり着くのが大変。スクリーンショットのマスターチーフは、普通にプレイしていたら絶対に通らないところに、乗り物に乗って取りに行く必要があります。

ターミナルはともかく、スカルと人形は同時に回収した方が良かったかもしれません。

サクラ大戦-5

サクラ大戦 - 5 / ドリームキャスト版クリア


※ エンディングの最後のカットにロゴが追加されていました(この絵も微妙に別人に見えますよ)

ドリームキャスト版のサクラ大戦をプレイ、そしてクリア。

一度クリアするとオプションでテキストスキップをオンにできるようになっていました。実際に使ってみると、スゴイ勢いでメッセージが送られてビックリ。DVDをチャプター送りして見ているような違和感を感じます。

あと確認していませんが、戦闘シーンのアニメーションもカットできるようです。まあ早送りするにも操作は必要なので、手っ取り早く周回プレイしたい人に向けですね。便利だとは思いますが、個人的にはあまり使わないと思います。

それにしても色々ともったいない作品ですね。アニメや舞台と売れに売れたのに、個人的には肝心のゲームの完成度が低いままなので。それでも私はこのゲームが好きなんだと思います。

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter