Titanfall-37/RESPPAWN

Titanfall - 37 / RESPPAWN


※ 使ってみたいけれど拡散元になりたくないので使いません

Titanfall ゲームアップデート4 をデーターセンター:アメリカ西部でプレイ。

レベル10になったので、タイタンのカスタムができるようになり、何日かぶりのタイタン勲章画面です。RESPPAWN はレアっぽい雰囲気がしますが、実はアップデート直後に入手していました。実際にはアンコモンぐらいなのかもしれません。

さてハート以外で何か良い勲章はないかなと検討中です。去年までならドクロに羽とか飛びついた気がしますが、今はそんな気分じゃありません。記号化されたスマートなものが好みなので、アンロック済みの中からだとVにスターとかが良い感じですね。100ヘッドショット(シールドに的)のも良さそうなんですが、自分が的になっているような気がします。

タイタン勲章をアンロックするためにチャレンジが追加されたことは、モチベーションの維持には良いのかもしれませんね。

あっ、よくよく RESPAWN の説明文を見ていたら、使っているじゃなくて、持っているですね。と言うことは既にばらまきまくっていると思われます。

スポンサーサイト

Titanfall-36/Generation3

Titanfall - 36 / 第3世代


※ 再生直後のドタバタでオーガに乗ってました

Titanfall ゲームアップデート4 をデーターセンター:アメリカ西部でプレイ。

再生して第3世代になりました。武器等がロックされるので、またしばらくは地味な立ち回りが必要です。今回は第4世代へのチャレンジを意識して武器を使うことにしますが、再生直後はどの武器も使えませんでした。

マーク・フォー・デスとキャンペーンをプレイしたのですが、相変わらずマーク・フォー・デスは修羅の世界でした。かと言ってキャンペーンをプレイしたら、私とフレンド以外は第1世代で逆に空気読め状態。

第1世代を相手にしていたら、高世代のプレイヤーからは私たちがあんな風に見えているのだなぁ思いました。要は隙だらけってことですね。

Rocksmith-12/リアルトーンケーブル

Rocksmith 2014 - 12 / リアルトーンケーブル 2本目


※ 2本目のリアルトーンケーブルを購入しました

Rocksmith 2014 をプレイしようとしたらリアルトーンケーブルが認識されなくて愕然。

2台ある Xbox360 の両方で認識しないのでケーブルの問題だと思うのですが、断線するような扱い方はしてないので原因不明です。たぶん中央にある回路の部分が壊れたのだと思いますが、分解できるようになっていないし、分解できたとしても回路を見るスキルはありません。

と言うことで2本目のリアルトーンケーブルを購入。ネット上でも認識しなくなったという書き込みが何件かあったので、ちょっと値段がしますが消耗品レベルなのかもしれません。

改めて Rocksmith 2014 をプレイしたら 2~3日プレイしなかっただけで左手が上手く動きません。特に小指が薬指に張り付いたような状態でした。まあでも無事にゲームが出来るようになって良かったです。

Titanfall-35/I Killed Them All

Titanfall - 35 / キル・ゼム・オール


※ 実力じゃなくて運で解除

Titanfall ゲームアップデート4 をデーターセンター:アメリカ西部でプレイ。

最初はマーク・フォー・デスをプレイしたのですが、西日本で見かけたプレイヤーがちらほら。修羅の世界だったので、サーバータイムアウトをきっかけにキャンペーンをプレイ。

そして 6vs6 で開始待ちをしていたら、開始直前に敵チームの4人がいなくなり、ゲームが始まると 6vs2 に。やがて敵チームの1人がゲームを離れたため 6vs1 に。そしてその1人が脱出しようとしていたのを発見したので、倒したら実績解除されました。

少ない人数でもゲームが始まるようになったのは良いのですが、チームが1人になったら強制解散でも良い気がします。1人になってもパイロット戦のみなら、勝てはしなくても善戦はできると思うのですが、タイタンだらけになっていたら、手詰まりですよね。

Valiant Hearts-6

Valiant Hearts: The Great War - 6 / Healing Hero


※ これで全実績解除です

Valiant Hearts: The Great War をプレイ。実績「Healing Hero」を解除。

Karl を助ける実績ですが、3回の QTE をミスなくクリアする必要があります。ただし完璧にミスなくではなく、ミスしたらボタン連打して失敗すれば、その場面の QTE をやり直しすることができるので、それを繰り返してクリアできました。ボタン連打しなければ、そのままゲームが進行することが多いので、ミスしたら連打必須です。

まあチャプター選択でその場面から開始するので、そんなに神経質になる必要はないとは思いますけど。

たまたま今朝の新聞に Emile のようにフランスの農民が戦争に駆り出されてヒドイ扱いを受けたと、記事が載っていました。まんまゲームの通りだったので驚きました。まだまだ命が安かった時代とはいえヒドイの一言です。

あと長女(9歳、小学3年生)が、Emile の顛末を見て「ゲームとして正しかったよね?」と納得がいかないようです。誰もが自分の仕事を一生懸命して、誰も幸せにならないのが戦争だからと言っておきました。まあこのゲームに限らず、昔の戦争映画なんかも納得いかないモノが多いですからね。

最後に Valiant Hearts: The Great War に出会えて良かったと思います。Xbox360 は日本語版の発売予定が未定ですが、北米アカウントでプレイできたので良かったです。

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter