fc2ブログ

Hardware/Recon3D SB-R3D-USB

Hardware / Creative Sound Blaster Recon3D SB-R3D-USB

2011年の12月ぐらいに購入。サラウンドシステムです。私は MDR-DS1000 を持っていたので機能は重複するのですが、ゲーム機本体の音声にボイスチャットの音声をミキシングできるので買ってみました。特に聞き比べたりはしていませんが、同価格帯なので同じような感じで音が広がります。

MDR-DS1000 と比較すると

  • 電源が USB 接続なのでコンセントが必要ない。ただしイヤフォンしたまま Xbox360 の電源を切るとノイズが鳴ります。MDR-DS1000 はコンセントが必要。
  • 入力は光デジタルのみ。MDR-DS1000 は光デジタルとアナログの2入力。
  • 出力は1つ。MDR-DS1000 は2つあるので2人で使用できます。
  • ボリュームが段階スイッチなので私にはあと0.5ステップ必要。MDR-DS1000 は無段階ボリュームスイッチ。
  • ゲーム機本体の音声にボイスチャットの音声をミキシングすることができる。MDR-DS1000 には該当機能なし。

ボイスチャットのミキシングは専用アダプターを使って Xbox360 のコントローラーとヘッドセットを接続して、Xbox360 の設定でボイス出力を「ヘッドセット」に設定します。ボイスチャットの聞こえ具合はサンプル数が1なのでなんとも。元々その知人のボイスチャットは聞こえにくいとの評判だったので、どれぐらい聞きやすいのかは明言できません。ただし会話はできているので正しく機能していると思います。

現在、自分の部屋の Xbox360 に接続してあります。買った当初は無駄遣いしたかなと思ったのですが、Xbox360 2台併用になってからは便利になりました。ゲームに特化してボイスチャットを使うことがあるなら Recon3D、映画など映像メディアも楽しんで2人で使うことがあるなら MDR-DS1000 って感じですね。

シックスリペイント-3

シックスリペイント - 3


※ ふくらはぎ塗って写真を撮り直しました(1月25日)

シックスのフィギュアのリペイントです。とりあえずこれで一端終了ですが、ふくらはぎを塗り忘れていました……。あと細かいマーキング類は塗りつぶしたので放置。完成度は60点ぐらいですね。

写真のマングースは別のセット商品のモノで、そっちのシックスの方が造形がシャープになっています。ほこりを埋め込んだと思っていた部分もフィギュア自体の表面が荒れていました。今回リペイントしたシックスは McFarlane の Halo Reach series 1 の Noble Six で、マングースは Halo Reach series 4 の Pillar of Autumn Mongoose set になります。

使った塗料はシタデルカラー。これを筆塗りでぺたぺたと塗ります。エアブラシを使った方が綺麗に塗装できると思うのですがマスキングの作業を考えると、ちょっとやる気がおきません。あと細部、特に前腕部の塗り分けがよくわかりませんでした。これはシアターのカメラ位置の問題で、見えない位置にあったり陰で暗いのか暗い色なのかわかりづらいためです。

Hardware/RDT233WLM-D

三菱液晶ディスプレイ23型 RDT233WLM-D

1月初旬にパソコン用のディスプレイを買いました。三菱電機の「RDT233WLM-D」23型ワイドで 1920×1080、入力端子は HDMI、DIV-D、D-SUB の3系統。amazon.co.jp で購入。価格は購入時で16,980円です。

選択理由はパソコン用のディスプレイで Xbox360 を接続できて日本のメーカー製。現在のパソコンラックに入るサイズ。そして価格。以前は自宅でもパソコンで作業したり遊んだりしていたのですが、今はデスクトップパソコンは時々しか使わないので性能より価格を優先しました。

と言うことで自分の部屋でも Xbox360 を快適にプレイできるようになり、ボイスチャットも使えるようになりました。今は知人と Halo:Reach をプレイする時に使っています。ボイスチャットあると色々と便利で、ゲームの質がかわったように感じます。まあ知らない人とプレイする時に使う予定はありませんけど。

接続はパソコンを DVI-D、Xbox360 を D-SUB に接続しています。Xbox360 は VGAケーブルがあれば直接接続可能。若干色が薄く感じますが問題ありません。また I-O DATA の「AVeL LinkPlayer「AV-LS300シリーズ」用 ディスプレイ出力変換ケーブル MA-D2A」を使えば D端子を変換して D-DUB に接続できます。今はこの状態で使っています。

スピーカーは付いていますが音声確認用ぐらいのつもりで。音にこだわるなら小型のステレオ等に接続したほうが良いでしょう。

ネット上の評判では静止画について不満がみられるようですが、値段が値段ですから。壊れたら買い換えるぐらいの割り切った使い方する方にはお奨めです。

シックスリペイント-2

シックスリペイント - 2

シックスのフィギュアのリペイントの続きです。今回は膝から下を塗りました。足首周りのパーツが他の部分よりシタデルカラーをはじく感じがしたので素材が違うのかなにかで汚れているかは不明です。

それよりも作業自体を思いつきで始めたので一部にほこりを埋め込みまくっていました。あと塗りすぎていた部分もちらほらあります。とりあえず下腹部のアーマー部分をペイントリムーバーを使って塗装を剥離しました。元から塗装してある部分は落ちないので気楽に作業します。

他にも思っていたよりバリとかあったのでそれも修正予定。しばらくは細かい作業になると思うので次回お披露目は緑を塗装した後になると思います。

Halo:CEA-17/ウォーキングダイエット

Halo: Combat Evolved Anniversary - 17 / ウォーキングダイエット

Halo: Combat Evolved Anniversary をプレイ。難易度ノーマルで実績「ウォーキングダイエット」を解除しました。

難易度レジェンドはまだまだ無理っぽいので練習もかねてプレイしたのですが、Halo:CEA が難しい理由のひつに近接攻撃が空振りしてしまうを追加。特にグラントみたいな小型の敵に対しては自分で下を向く必要があり、リーチのノリで殴ると空振りばかりで返り討ちされてダウンってことです。

なので気分転換に難易度ノーマルでも解除できる実績「ウォーキングダイエット」に挑戦。これも戦闘自体は問題ないのですが、最大の難関はグレネードジャンプ。以前にも挑戦したのですが、あまりに下手すぎてできなかったので放置していました。実際の戦闘ではグレネードジャンプが必須テクニックではないので特に練習はしていませんが、スカル回収でがんばったから少しはましになっているかと……。飛べました。何度かリトライしましたが体力も6割ぐらい残って飛べました。これであとは普通にクリアすれば実績解除です。

それにしても歩いて移動していると海兵隊回収するたびににフォーハマーがワートホグを持ってきてくれると言う罠。本来ならありがたいのですが、ダイエット中にケーキを見せられるようなそんな気分です。

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxSeriesS/X,XboxOne,
Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

カテゴリ

月別アーカイブ