Unravel-5

UNRAVEL - 5


※ ヤーニーよくがんばった

UNRAVEL をプレイ。そしてクリア。

11面目の「最後の葉」が映画の八甲田山を思い出させる猛吹雪で、見ているこちらが「もういいから休め」と言いたくなる状態でした。

でもそれだと今までのがんばりが無駄になってしまうので、がんばって「ピースの半分」を探しに行きます。


※ 天はヤーニーを見放したのか

何がヤーニーをここまで突き動かしているのかは不明。そもそも毛糸人形のヤーニーに魂はあるのかも不明。

そしてこの後は小惑星探査機「はやぶさ」の最後のように、最後のピースを手にした後にほどけて毛糸に戻ってしまいます。

しかし季節が巡って春になり、無事に家に帰ってくることができました。ヤーニーよくがんばった。

そしてノーミス以外の実績は全て解除しました。ノーミス系は UNRAVEL に限らずトライしないので、これで一段落です。でもヤーニーを見ているだけで楽しいので、気が向いた時にヤーニーに会いにきます。

スポンサーサイト

Unravel-4

UNRAVEL - 4


※ 雪の面は見ているだけで寒くなります

UNRAVEL をプレイ。10面目の「さび」をクリアしました。

ここ何面かは冬のシーンなので、見ているだけで寒くなります。

今回は他の生き物に襲われなかったのですが、機械相手に散々な目にあいました。あと少しヒラメキ要素が多め。

この週末にはクリア予定です。ただしアイテム集めや実績が残っているので、まだしばらくはプレイ予定です。

Unravel-3

UNRAVEL - 3


※ カラスを助けたらゴールまで運んでくれました

UNRAVEL をプレイ。9面目の「冬の太陽」までクリアしました。

今回も虫にたかられたり、カラスに連れ去られたりと散々な目にあいました。この世界の生き物は毛糸を好きすぎて困ります。

このゲーム、今はクリアするので精一杯ですが、ヤーニーのアクションが豊富で見ていて飽きません。買う前はクリアしたら終わりかなと思っていたのですが、今は HDD に残して置きたいゲームになりました。

やはりゲームに綺麗なグラフィックは必要だと思います。あと丁寧な作り込みと。

Unravel-2

UNRAVEL - 2


※ どうやら思い出を回収する仕事のようです

UNRAVEL をプレイ。前回の記事では1面目クリアのスクリーンショットを使いましたが、実際にはもう少し進んでいて、今回のプレイで5面目までクリアしました。

面が進むとアクション要素が押し出されてきて、ますます Max: The Curse of Brotherhood を思い出します。ただし今のところ Max よりはアクションの難易度は低めです。

そして主人公のヤーニーですが、毛糸人形なのに溺れるし、岩に潰されるし、カニやネズムにかじられるしで散々です。と言うかこのゲーム内のネズミが恐すぎ。毛糸人形なんか食べられないだろと思ったのですが、現実でも電線とかをかじりますね。ネズミって。

Unravel-1

UNRAVEL - 1


※ 蝶はたぶん捕まえられないはず

UNRAVEL を購入。アクションパズルのためクリアしてしまうと終わりなんですが、世界観に惹かれたのと税別1,800円のお手頃価格なので購入しました。

ノリが近いのは Max: The Curse of Brotherhood です。そう言えば Max も収集系の実績が残っていた気がしますが、すっかり忘れていました。

このゲームの主人公はヤーニーと言う毛糸人形です。そして毛糸アクションを駆使してパズルを解いていきます。アクションパズルゲームの難点は、作戦ミスと操作ミスの判断が付きにくい時があることです。

と言うことで難易度は少し高めかなと思います。


※ 1面目をクリア

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter