PLAY ARTS改/サム・ギデオン

PLAY ARTS改 / サム・ギデオン

アクションフィギュア PLAY ARTS改 のサム・ギデオンを購入。VANQUISH の主人公です。購入目的は VANQUISH を応援することです。

PLAY ARTS改シリーズのフィギュアを初めて購入しましたが、色々と残念。造形自体は問題ないのに私には愛せません。まず、色のイメージが異なります。ゲームでは新品のスーツなのでもっと綺麗な白、あえて言うなら白に青を一滴混ぜたような白なのに、これは骨っぽい白になっています。白に茶色を混ぜた感じ。また軟質素材の腰が安定しません。

そしてアクションフィギュアに分類されるはずなのに可動が微妙。二の腕の回転軸がなく、肩の関節は楕円になっているのか思ったように動きません。無理して動かすとしばらくすると元に戻っています。足首がカチカチタイプなのですが、一つの角度が大きくて直立以外は使いづらい状態。

あと細かい部分では塗装の塗り分け部分、はみ出しはないのですが逆に隙間が空いてます。そして全体的に表面が綺麗じゃないです。もう #1000 の紙ヤスリでこすりたいぐらいです。ただしこの辺りは気にならない人には気にならないと思います。が私にとってはここがいちばん残念でした。

付属品は写真にあるだけ。アサルトライフルを持たせることができる手がありますが、この手が本体にはめてもすぐ外れてしまうので、アサルトライフルを持たせることができません。太ももの展開ギミックは展開部分を接着なりしないと成り立たない気がします。

直立で飾ったり、サムの絵を描く時のモデルにはなりますが、アクションフィギュアとしては残念なそんな商品です。

2012年5月12日 追記

二の腕ですが回転するらしいので再確認。まず右腕。ねじ切れるほど力を入れたら動きました。びっくり。次に左腕。ねじ切れるほど力をいれてもビクともしません。でも右腕は動いたのだから間接はあるはずです。すべり剤のシリコンスプレーを投入。動きました。いやこれ固すぎです。

スポンサーサイト

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter