FC2ブログ

Reach-50/乗り物三昧

Halo:Reach - 50 / 乗り物三昧


※ 色々な乗り物に乗れて幸せです。あとシアターの操作方法を思い出しました。

Halo:Reach を難易度ノーマルでプレイ。虫退治要員が少なかったのでミッションを一気に進めて「パッケージ」までクリア。あとは実質「戦艦オータム」でクリアです。

控えめ目プレイと言いつつ、要所要所ではネタバレしたり、遠距離の敵を私が排除したりで、若干試行錯誤の楽しみを奪っていますが、ソロプレイで詰んだと思った時の絶望感がとんでもないので、まあ許容範囲かと。あと色々なゲームをプレイするので時間も足りませんし。難易度アドバンスをプレイすることがあればもう少し丁寧にプレイしたいと思います。

それにしても Halo:Reach は色々な乗り物に乗れるので楽しいです。特にワートホグ(自動車)で味方の NPC にロケットランチャーやロッドガンを持たせて走り回るのが楽しすぎます。あとスコーピオン(戦車)の破壊力も魅力的です。残念なのはスコーピオンに味方の NPC を乗せても活躍する機会が少ないこと。ファルコン(ヘリコプター)は久しぶりだったのでちょっとミスしましたが、挙動が素直なので助かります。

そして戦艦オータムでは乗り捨ててあるトラックも運転できますよ。メリットはありませんけれど。

Reach-49/3度目のノーブルシックス

Halo:Reach - 49 / 3度目のノーブルシックス


※ とりあえず乗り物でアタック。あとシアターの操作方法を忘れてしまいました……。

Halo:Reach を難易度ノーマルでプレイ。フレンドが始めていたのでお邪魔しました。久しぶりに起動したらプログラムがアップデート(先日の L4D2 も)され、発売から何年もたっているのにサポートが続いていることに驚きを隠せません。

純粋な FPS なのでキャラクターのレベル差はありませんが、プレイヤーのレベル差があるので後方から控えめプレイ。それでも自分が記憶しているよりも敵の数も体力も少ないので、気がつけば終わっているような感じで、ネタになるような動画もありません。

それにしても Halo:Reach のゲームとしての完成度は圧倒的です。伝説の戦士のマスターチーフからノーブルチームの新人メンバーに立ち位置が変わったのが個人的に良かったのだと思います。特に協力プレイ時にマスターチーフが何人もいるのはシュールでしたから。

Reach-48/Video Clip

Halo:Reach - 48 / Video Clip

[広告 ] VPS

Halo:Reach の Video Clip を作成。手持ちの小ネタをつないだだけなので話しとかはありません。しかし最初にいきなりブルートの後ろにシックスが映っていて愕然。コーラス部分を優先してカットして画面をよく確認していませんでした。シックス登場シーンの前にチラっと登場しています。本来なら NG ですが、面倒くさいのでそのままです。

あらためて見てみると FPS なのに乗り物ばかり乗っています。とは言ってもネタになるのが乗り物なだけで、あとグラントよりはブルートの方がネタ向きだったのに驚きました。個人的に好きなのはバンシーでエリートを倒すシーンと戦艦オータムの隠し武器棚のシーン。そして奇跡のワートホグですね。若干暗いシーンがあるので見にくい場合はディスプレイの輝度を少し上げてみると良いかもです。

これでリーチをプレイしなくてもリーチの気分に浸れるようになりました。もうすぐ始まる銀河を救う戦いに心置きなく没頭できます。

Reach-47/LowSpeedHalo

Halo:Reach - 47 / Low Speed Halo

Halo Waypoint の動画 Speed Run of the Week 8 で戦艦オータムを13分19秒で走り抜けるってのを見て、真似したくなったのでやってみました。ただし難易度ノーマルです。

動画を見て、プレイしてみて、真似できなくて、また動画を見て、プレイしてみて、別の場所で真似できなくて、動画見ないでまたプレイしてみて、やっぱり真似できないので、確認のために動画を見てみたら、やっぱり間違えていました……。でもそこをグレネードジャンプで無理矢理進んだけど、その後が上手くできなかったのが原因不明のままです。

ちなみにその1カ所を除いて同じようにプレイして50分ぐらいかかりました。実際にはジャンプの練習とか色々したので失敗したカ所を除けば確かに早いです。

2回目以降はチャレンジとか便乗キャンペーンの予習とかをかねているので、普通に戦闘をしています。しかし手持ちの武器によって毎回展開が異なるので飽きません。と言うかトラックに乗ったりフォークリフトにのったり色々です。

Speed Run はともかく今のところロケットランチャーを最後のプラットホームまで持ち込むと戦闘が楽になります。ただしシングルプレイの時はハンター用にスパルタンレーザーを使うのでちょっと無理。ドリブルで運ぶにもその時間で戦闘した方がましな気がします。

便乗キャンペーンを終了したら Halo:Reach は休憩して、3月15日までは他の Halo シリーズか、Mass Effect のリハビリを予定しています。

Reach-46/DJ BRUTE-2

Halo:Reach - 46 / DJ BRUTE - 2

Halo:Reach をチャレンジをかねて「ニューアレクサンドリア」をプレイ。難易度ノーマルです。

今回もコヴナント・クラブを見学。さすがに2回目なのでじっくり見学。左右のバーカウンターにもブルートが立っていたので、思わずバタリアンエールを頼みたくなりましたが、ブルートの愛想がなくて断念。下の階のジェットパック置き場にもブルートが立っていたのですが、ジェットパックで前が見えないだろう状態。あとグラントは踊っている間にあっちこっちに移動してまうようです。それに時々シャウトしていたりしてびっくり。

しばらく堪能した後、一度外に出て屋上のスイッチを押してきました。クラブに入ると曲が変わっていたのですが馴染みがない曲でした。そしてたぶんですが曲変更後は、ジャミング装置を破壊した後に襲ってくるのがブルートだけになります。ただしジェットパック置き場のブルートはその場で踊っていました。狭いのに。

そして黙々と踊っているグラントたちを殴るシックス登場。いやチャレンジなのでたくさん敵を倒さないといけないのです。しかし殴っても殴っても踊り続けるグラントたちが何を思っていたのか不明。

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter

月別アーカイブ

カテゴリ