fc2ブログ

DVD/フォワード・オントゥ・ドーン

DVD / Halo4:フォワード・オントゥ・ドーン

DVD「Halo4:フォワード・オントゥ・ドーン」を購入。理由はマスターチーフとコルタナの吹き替えが Halo4 以前の方だったため。今にして思えば、このプロモーションビデオにマスターチーフが登場した瞬間が一番盛り上がっていた気がします。

背景の画集は「Awakening: The Art of Halo 4」です。発売されてすぐに購入したのですが、記事にする機会がありませんでした。確かサラ・パーマーのアーマーが載っていればなぁと思って購入したら、影も形もなかったためです。

そう言えばフレンドの Halo4 がダイダクト登場で放置してあります。今まで散々弾を撃ちまくっていたのに、突然、念力みたいなものを使われたら色々とがっくりきますよね。

Book/歩兵バンザイ!

Book / 歩兵バンザイ!

歩兵に関する本を買ってみました。と言うのも実は私はミリタリーとか銃器の知識が少なめなんです。どれぐらい少ないかというと MassEffect を初めてプレイした時に「アサルトライフルってなに?」状態。それでも MassEffect は系統がはっきりしていて、あとは仕様の数値を見て武器を選択できました。

しかし Halo:CE(Xbox 版を Xbox360 で)をプレイした時に武器の多さに愕然。しかも UNSC の武器とコブナントの武器とでの2倍覚えないといけません。さらに弾切れするので常に武器を拾っていかなければならず、弾切れ、武器探す、これ違う、ダウンの無限ループに1度は放置したぐらいです。

今は記号としての武器は覚えているので問題ないのですが、EDF4 で現実に近い武器が登場。武器の説明もそれなりに書いてあるのですが、前提知識が少ないためにちんぷんかんぷん。これではゲームへの没入度が足りなくなり、途中で放置の可能性が出てきました。

と言うことで銃と歩兵に関する本を買ってきました。銃の本は丁寧に解説してあるのですが専門用語(部品名称等)が多く、また実際の銃の動きに関しては絵の説明だけではピンときません。まあ動きまで理解する必要はないのですが、書いてあるから理解したいだけで、銃の種類とかシルエットとか使用目的が理解できれば OK です。あと弾のサイズとか種類も今さらながらに少し理解できました。

歩兵に関しては銃以外にも手榴弾やグレネード、戦闘服の記述もあり EDF4 のレンジャー等が延長線上にあるのだなと認識しました。ただ EDF:IA の時はアーマーだったので EDF4 を初めてプレイした時は頼りないなぁと感じたのも事実です。

現実の延長線上にあるゲームはゲームの外で知識を得ることができ、それがゲームの中に反映できるのがありがたいです。

攻略本 ME3 Official Guide

Mass Effect 3: Prima Official Game Guide


マスエフェクト3のゲームガイド Mass Effect 3: Prima Official Game Guide を amazon.co.jp で購入。私が購入した時は1660円でした。価格は為替レートで変動します。ちなみにこれも安い。

amazon の箱を持った時に重さに驚きました。間違えてハードカバー版を頼んでしまっていたっけかなと思うほどです。そして開封して二度ビックリ。なんと厚さ 28mm のペーパーブック。こ・れ・は、と思ってページをめくってまたビックリ。紙の質が良くなっていて画像が大きくフォントは小さめ、背景は白。このままフィルムブックとして通用するほどの完成度。英語がスラスラと読めたならゲームをプレイしなくてもマスエフェクトの世界を堪能できるでしょう。私には無理ですが。ページ数は ME2 の Official Game Guide DLC 有り版と変わらないのですが紙の質の差で2倍近い厚さになっています。

そして待望のシェパードのアップ。しかも女性の着ているアーマーが格好良すぎる。私の知らないこのアーマーは日本語版の特典 DLC でダウンロードできる N7 ディフェンダーアーマーかも。これは男性シェパードが着ると着ぶくれして見えるのでダウンロードしていなかったのですが、早速ダウンロード。次回プレイから着てみたいと思います。

あと部隊メンバーの紹介も大きく載っているし、武器の一覧も今までのガイドよりはるかに見やすいです。届いたばかりで細かく目を通していませんが、パラパラッとめくってこんな感じでした。マスエフェクト3が好きな人は買ってみても良いかもと思います。

画集 Mass Effect Universe

画集 Art of the Mass Effect Universe を購入

マスエフェクトの画集 Art of the Mass Effect Universe を amazon.co.jp で購入。値段は2960円。これは安い。

ついに本格的な画集が発売されました。感涙。1作目の時に発売された画集 The Art of the Mass Effect は物足りない物がありましたが今回は大丈夫。ちゃんとシェパードも載っているし ME2 のアーマーも載っています。また The Art of the Mass Effect からも再録が多いのでマスエフェクトの画集が欲しい方にはこちらをお奨めします。

まずは ME3 のシェパード男性、女性、ファンアート版と情報量の多いところから。もうこれだけで満足。そしてサレン。以降はシリーズごとにたっぷり載っています。武器も一覧で見られるし、ME1 はメーカーロゴ一覧まで。ME2 はちょっと小さいですが待望のアーマーを見ることができます。もちろん日本語版で見ることのできない Zaeed や Kasumi 、Shadow Broker も堪能でき、胸が熱くなります。また BioWare で売っている Mini Lithos(ポスター)の絵も収録されています。サイズもほぼ変わらないので飾る必要がなければ十分お得。これまた胸が熱くなります。

そして ME3 は……。激しいネタバレに違う意味で胸が熱くなります。いや、私はネタバレ平気だし、ネタバレにいたる過程を想像するのが好きなので特に問題ありません。それでもあの人が大変なことになっているのは驚きましたけど。

マスエフェクトの世界が好きな人にはぜひ買って欲しいと思います。絵に興味がない人もいるので無理強いはしませんけど、世界に浸れることは確かです。

CG集 Halo Encyclopedia

CG集 Halo Encyclopedia: The Definitive Guide to the Halo Universe を購入

ユニバースってことで文章がメインかと思っていたのですが、資料が多いらしいので購入しました。届いてびっくり、本が厚いです。以前購入した Halo: The Art of Building Worlds も中身が 1.6cm もあったのに、今回はそれを上回る 2.6 cm。さらにゲーム内の画像がてんこもり。と言うか Halo:Reach クラスの画像だとそのまま本にしても見劣りしませんでした。

Halo: The Art of Building Worlds を設定資料と見るなら Halo Encyclopedia: The Definitive Guide to the Halo Universe は完成品です。それにしてもゲーム内の画像がそのままで十分見られるというのはすごすぎ。やっぱり手間暇かけたゲームは存在感が違います。個人的にはスパルタンアーマーのバリエーションが一覧で見られたのが嬉しかったです。補給庫の説明だけでは細切れでイメージを掴みにくかったので。

文章に関してはネット上で日本語化された似たような文章を読めると思うので眺める程度です。

シックスをリペイントしたのがきっかけで購入した本ですが、もっと早くに買っておけば良かったと思います。電車で買いに行ける範囲にアメトイを扱っている店も発見してしまったので、こんな本があったら Halo の世界から帰ってこれなくなりそうです。

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxSeriesS/X,XboxOne,
Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

カテゴリ

月別アーカイブ