FC2ブログ

花組対戦コラムス完

花組対戦コラムス完


※ この状態で普通に会話している隊長が凄すぎます

セガサターンで花組対戦コラムスをプレイ。ストーリーモードの3人組のアンロック方法を忘れていて少し悩みましたが、普段選ばない選択肢だったことを思い出して、無事にアンロックされました。良かった。

それにしてもスクリーンショットの状態で、普通に会話している大神隊長が凄すぎます。鈍感なのか達観しているのか仕事のことしか考えていないのかは不明です。

あと3人組でプレイしている時の BGM が、3人組で歌っている「恋の発車オーライ」じゃなくて、すみれとカンナが歌う「愛はダイヤ」のアレンジで違和感を感じましたが、よくよく考えたら、恋の発車オーライはサクラ大戦2の曲でした。そりゃ、まだ存在しないゲームの曲は使えませんね。


※ 微妙に別人の新作カット

そして花組対戦コラムスの全てモードをクリアしました。パズルの同時消しが少し面倒ですが、プレイを続けていればクリアできる難易度です。これで通常のコラムスに専念することができます。

それにしてもテレビアニメーションなら気にならないのですが、ゲーム内で作画レベルが異なると気になって仕方がありません。この花組対戦コラムスでも新作カットは微妙に似ていませんが許容範囲。しかしストーリーモードクリア時のカットは作画も解像度も異なるので違和感を感じます。

初期スタッフかそれと同等の作画力を持った人を集められないと、似た別の何かになってしまうのがアナログ作画の限界な気がします。

スポンサーサイト

花組対戦コラムス

花組対戦コラムス


※ 背景画像や中央のアニメーションが良くできているのですが見ている暇はありません

セガサターンで花組対戦コラムスをプレイ。コラムスは元々がゲームセンター用の落ち物パズルゲームです。ちなみに他の落ち物パズルゲーム、特にテトリスやぷよぷよは緻密すぎてアドリブがきかないので私は苦手です。

最近は Sonic Ultimate Genesis Collection に収録されているメガドライブ版コラムスをプレイしていたのですが、後半になると落下速度に操作速度が追いつかなくなり、ある意味強制ゲームオーバーになってしまいゲームになりません。

ところがセガサターン版の花組対戦コラムスはそれが解消されていて、さらにゲームオーバーの判定に猶予が追加され(説明がむずかしいので詳細は省きます)、最後の悪あがきができるようになりました。悪あがきが成功した時のオレはやったぞ感は最高です。

さて花組対戦コラムスですが、サクラ大戦をプレイしたことがあれば、このゲームは大変良くできていると感じるでしょう。しかしサクラ大戦を未プレイの場合、寸劇の内容が理解できなくて置いてけぼり感を味わうことは間違いありません。したがってコラムスだけが必要な人にはおすすめできません。

ところで 17年目にして気がついたことがあります。スクリーンショットでは左に真宮寺さくら、右に神崎すみれが表示されていますが、右から真宮寺さくら、左から神崎すみれの声が聞こえてきます。逆じゃん、それ!!  まあ今回はヘッドホンでプレイしていたので気がついたわけで、普通にプレイしていたら気にならないレベルです。

Pagination

Utility

プロフィール

愛暇

Author:愛暇
Killing time of love
XboxOne/Xbox360ゲームブログ
ビデオゲーム好きの50代男性

Twitter

カテゴリ